田中はちょうど5杯目のビールを飲み干したところだった。その日は会社の同期のメンバーが集まって、昨年の営業成績で社内トップに輝いた彼をいつもの居酒屋で祝っていた。創業以来、最年少で社内トップ営業となった彼に対する賞賛の声と羨望の眼差しは止むことがなかった。

 

だけど、その一方で僕は、ある決意を胸に秘めていた。というのも、この会社で当たり前になっている強引な営業のやり方に、僕はずっと違和感を感じていたからだ。営業にとって、本当に必要なのは信頼関係だ。売上目標を達成するために、相手の都合も考えずに売り込む…こんなやり方をずっと続けていていいはずがない。ひとしきり田中のお祝いの話題で盛り上がったところで、僕は静かに話し始めた。

 

 「こんな時になんだけど…実は俺、この会社の営業を変えたいと思ってる。」

 

 「どういうことだ??? オイ、まさか負け惜しみでも言うつもりじゃないだろうな(笑)」

 

「そうじゃない。俺はもう、今までみたいな強引な営業はしない。今後は紹介だけでやっていく。」僕は答えた。

 

一瞬、場が静まり返った後、今度は嘲笑とため息の混じったざわめきが起きた。

 

「何バカなこといってんだよ」と呆れた声と同時に、コソコソと話す声も聞こえた。「俺たち新規開拓の営業が、飛び込みしないでどうやって売るんだよ」「バカな奴だ、紹介だけでやっていけるとでも思ってんのか?」「目標に全然届かずに、部長に詰められるのがオチだぜ」…彼らは、僕が絶対に失敗するだろうと思っていた。

 

「あいつ、お前に負けっぱなしでひがんでんだぜ?」と、佐藤が田中に囁いているのが聞こえた。田中は「言っちゃあ悪いが、紹介だけでやっていくなんてあり得ないね。俺たちの業界は飛び込みしてナンボ。あいつ、そんなこともわからないのか?」とみんなに聞こえるような声で言い放った。

 

「入社以来、いつだって俺のほうがあいつより成績がよかったんだ。第一、俺以上に訪問数をこなして、とにかく電話してアポを取って、たくさんの商談をこなしているような印象がまるでない。それに、最近はいつだって俺より早く帰ってる。いつもイヤホンを耳に突っ込んで、音楽を聴いて…呑気なもんだ。だいたい紹介なんて、俺でさえ滅多に出るもんじゃないんだ。そんな運任せのやり方で営業を変えたいだなんて、笑わせるよ。まぁでも温かい目で見守ってやろうぜ。営業を変えたいだなんて…成績は平凡でも、キレイ事だけはご立派じゃないか?」

 

どうせ話しても理解されないだろうと思っていた。僕は財布を取り出し、1万円札をテーブルの上に置いてそっと席を立った。今、ここで何を言ってもムダだと思った。席を立ち店を出る僕の背中から「おいおい、これはいったい何の真似だ?」という声が聞こえた。「カッコいいじゃないか!好きにさせてやれよ」と、それに同調する声があり、一同笑いの渦に巻き込まれた。

 

それから、1年後…

 

僕の営業成績は順調に伸びていた。その理由は、1年前に宣言した通り「紹介」での営業だ。100%とはいかないが、今では新規の仕事のうち、実に9割以上を紹介経由でもらっている。紹介だとアポを取るのが簡単で、必要以上に値引きを要求されることもない。そして、半分以上の人が何かしらの契約を結んでくれるから、成約率は以前の倍以上だ。しかも、契約をしなかった人でも、興味がありそうな知り合いを3〜4人は紹介してくれることが多い。

 

結果として昨年の営業成績は、田中を引き離して社内でダントツのトップだった。しかも、粗利によって成果報酬が決まるから、今月の収入は、1年前と比べると5倍以上にもなる。毎日、飛び込み営業で門前払いに遭ったり、電話口で怒鳴られたりしても、何とか食らいついて売ろうとしていたのは遠い昔のことのようだ。今では見込み客探し、アポ取りの電話、クレーム対応、強引な売込み…こうした嫌な営業の仕事はほとんどなくなった。

 

時々、会社の代表電話に「知り合いから薦められた」と、僕を指名して来る人もいて社内でも評判になっているようだ。それに今では、何度も知り合いを紹介し続けてくれるようないいお客様がたくさんいる。飛び込み営業をしなくなった分、そんな大切なお客様へのケアに十分時間をかけられるから信頼もされるし、プライベートでも飲みに誘われることが増えた。すると…

 

面白いことに、この1年間、僕に距離を置いていた同期の連中から、次々と飲みに誘われるようになった。みんな1年前とは態度が打って変わり、まるで今まで一緒に戦ってきた戦友であるかのように僕に話しかけ、僕と話したがった。そして、「どうしても」と言う彼らの依頼を断りきれず、僕は1年振りに、あの同期のメンバーが集まる居酒屋に顔を出した。

 

 

完全なる勝利

 

部屋に入った瞬間、質問攻めだった。誰もが僕の成功を羨んでいるようで、その秘密を知ろうと躍起になっているようだった。誰もが親しげに話してきたが、1年前、僕の決意を笑っていたのを忘れたのだろうか。しかし、気分は悪くなかった。

 

「なんでそんな才能があるって今まで教えてくれなかったんだよ?」「どんな勉強をしたんだ?俺にも教えてくれよ」「成功の秘訣は何だよ?飛び込み営業の必勝法でも見つけたのか?」

 

「大して勉強をしてきたつもりはないよ。それに、前も言ったけど、強引な飛び込み営業はもうしていない。」

 

「冗談だろう?」と、元トップ営業の田中が言った。「君は密かに営業トークを猛勉強していた。そして、俺たちの知らないところでとんでもない訪問数をこなしていたんじゃないか?どうだ?」

 

「繰り返すけど、今はほとんどが紹介で、飛び込み営業はしていないよ。それに、どちらかと言えば口下手で、営業トークなら君のほうが上手い。君も知っているじゃないか?」と言い返した。そして、「でも…たった1つだけ、あるシステムを使い続けてきたのは確かだよ。」と言って、全てを話した。

 

 

どうやって『紹介』で売れ続けることができたのか?

 「システム?」

 

何人かがそう口にした。「それって、よくある営業管理ツールみたいなものか?」佐藤が聞いた。「いや、そうじゃない」と僕は答えた。「システムって言うのは、何もソフトやプログラムのことだけじゃない。俺が使ったのは…要は紹介をもらうために必要な、ステップ・バイ・ステップの正しいプロセスのことさ。」

 

「正しいプロセス? でも紹介って正直、運じゃないか。そんな方法が本当にあるのか?」

 

「俺も最初は、紹介って商談後なんかに偶然、ボーナス的にもらえるものだと思ってた。でも、色々調べたけど、いつも紹介をもらい続けている営業マンは実際にいるんだよ。その人たちは強引に営業することもなく、気持ちよくアポを取って…しかも無理な値引きをしたりせずに、次々と契約をしてもらっているんだ。顧客には感謝されるし、成績だって抜群にいい。それでも最初は、やっぱり才能や人柄によるものだろうと思ったよ。どちらかと言えばネクラな俺にはできないだろうな…って。」

 

「そりゃそうだよな。気に入られるかどうかなんて、やっぱ人柄だろ?」

 

「ところが、そうじゃなかったんだ。本人が意識しているかどうかは別にして、紹介をもらい続けている人には似たような行動パターンがある。つまり、それが”正しいプロセス”というわけさ。実際、紹介は黙っていて貰えるものではないし、かといって単にお願いすれば貰えるわけでもない。たとえば、みんなも経験があると思うけど、商談後に『誰か紹介してもらえませんか?』って頼んでも、大抵の場合は『紹介できる人がいたら連絡するよ』って言われたきり音沙汰なしだ。」

 

「そうだよ、俺だって何度その言葉に騙されたことか…」

 

「でも、後でわかったんだけど、これには明確な理由があるんだよ。実は、紹介をもらえるかどうかは"お願いする前"にほぼ決まってるんだ。それに、紹介をもらうためには、やってはいけない致命的な間違いもいくつかある。ただ、これらは知っていれば簡単に避けられる。だから、それらを含めて理解した上で、正しいプロセスに沿って行動すれば…誰だって紹介をもらい続けることはできるというわけさ。」

 

続けて僕は言った。「とはいえ、何が正しいのかを自分で試行錯誤しながらやっていくのは大変だ。第一、自分一人で試せる結果なんて、たかが知れてるだろ?それが正しいかどうかなんて確信が持てない。それよりも、今まで何百、何千…という人が試して確証が得られたことの方が、再現性だってあるに決まってる。”正しいプロセス"っていうのは、そうした面倒な検証を経たうえでまとめられた方法論なんだ。」

 

「じゃあ、その正しいプロセスってのは、どこで学ぶんだよ?」

 

「あぁ。ネットで『紹介の連鎖システム』って、見かけたことないかい?」

 

 

なぜ、システムが重要なのか?

『紹介の連鎖システム』は、米国でフォーチュン500社に名を連ねるような大企業を多数クライアントに持つ経営コンサルタント、ボブ・バーグ氏によってまとめられた「効果実証済み」のシステムです。実際、米国では彼のたくさんのクライアントがこのシステムを使い、紹介の連鎖を起こし続けています。それも、1度紹介をもらって終わりではありません。紹介してもらった見込み客が、商談後にまた別の見込み客を3〜4人紹介してくれる…まさに紹介の連鎖です。それこそ自分1人では受けきれないほどの見込み客を、紹介によって獲得し続けているのです。

 

では、なぜ「システム」が重要なのでしょうか?そもそも、システムとは何でしょうか?ここで、今一度確認しておきましょう。

 

ある辞書によれば、システムとは「規則的で筋道だった方法を使い、思いどおりの結果を手に入れるためのもの」と定義されています。重要なのは、この”思いどおり”という部分です。効果の実証された強固なシステムは、運まかせで先行き不透明な状態からあなたを連れ出し、予測可能で安定した結果をもたらしてくれます。

 

また、システムを使うのに、才能や性格といった要素は関係ありません(注:スピードはともかく、電卓という計算機システムを使えない人はいませんよね?)。事実、過去40年間に渡り、世界中で7万社以上の中小企業を指導してきた敏腕コンサルタントのマイケル・ガーバー氏は、システムについて次のように言っています。

 

「システムがあれば、並の人間でも、並外れた成果を思い通りに達成できるようになる。逆にシステムがなければ、並外れた人間が、並の目標を思い通りに達成することさえ難しい。」

 

誤解しないでほしいのですが、あなたが並の人間だと言っているわけではありません。ここで言いたいのは、営業マンとしての能力がたまたま普通であっても、システムの助けがあれば、桁外れの成果を手に入れられるということです。営業、ダイエット、ゴルフのスコアアップ…目的がなんであれ、物事を成功させるカギは、その分野において効果が実証された「システム」を発見することです。それが見つかりさえすれば、あとはあなた自身の状況に合わせて使えばいいだけです。

 

 

世界トップクラスの保険営業が紹介をもらえない理由

また、多くの営業マンが勘違いしていますが、紹介はボーナスではありません。少なくとも私たちにとって、そうした予測不可能なものであっては困ります。実際、黙っていてもらえるものではありませんし、素晴らしいプレゼンをしただけでもらえるものでもありません。極上のアフターサービスを提供しただけで手に入ったりもしないのです。紹介をもらうには、正しいプロセスが必要です。

 

なぜ、そんなことが言えるのでしょうか?それは、多くのトップセールスと呼ばれる人たちが、最高のプレゼンをして、抜群のサービスを提供したにもかかわらず、紹介はもらえないという場面を何度も経験しているからです。

 

ボブ・バーグ氏は、これまで世界70カ国に展開する、生命保険・金融の権威ある国際団体MDRTから、2度の招待講演に呼ばれました。その際、会員の中でも特に優秀な精鋭「トップオブザテーブル」の面々でさえ、とにかく紹介をもらえないことで悩んでおり、それが壁であって力不足を感じると言っていたのです(※もちろん、彼らの基準が高いことも原因ですが…)。

 

そして面白いことに、彼らの多くが『紹介の連鎖システム®』のおかげで、自分の課題を克服できたことを報告してくれたのです。つまり、世界トップクラスの営業マンでさえ、紹介で売れ続けるためには、システムを使う必要があるということです。このシステムは、もちろんあなたの仕事にも使うことができます。

 

 

成果を上げるために必要な3つの要素

全世界で3000万部以上売れた世界的ベストセラー『7つの習慣®』の著者、フランクリン・コヴィー氏によれば、成果を上げるために必要なのは「マインド」「スキル」「ツール」の3つだと言います。『紹介の連鎖システム®』は、これら全てが手に入るプログラムです。プログラム自体は、オーディオ(音声)がメインになっています。そのため、イヤホンを耳に突っ込んで、通勤時間等に聴くだけで、あなたに必要な情報を浴びるように、簡単に吸収できるプログラム…それが『紹介の連鎖システム®』です。

 

本でも動画でもなく、音声(オーディオ)にした理由は、あなたが実際にシステムを「使えるレベル」にまでインストールしてもらうためです。パソコンなら1度インストールすれば終わりですが、人間は忘れる動物です。有名な「エビングハウスの忘却曲線」によれば、人間は新しく覚えたことを1時間後には56%忘れています。1ヶ月後には21%しか覚えていません。ところが、定期的な復習を入れると、記憶が9割近くまで確実に定着していきます。音声を聞き流すのは場所や状況を選ばないので、繰り返しに強いのです。

 

残念ながら、中途半端な理解のままでは、いざという時に行動が伴いません(※「知っている」だけで満足している人が多いのです…)。これでは、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうことになります。だからこそ、通勤時間にでも繰り返し聞き流して、しっかりと自分のものにしてほしいのです。

 

システムは、必要なものが1つでも抜けていれば機能しませんし、余計なものが入っているのも問題です。情報は、本当に必要なものだけ整理されており、ステップ・バイ・ステップで身に付きます。それに、紹介の連鎖システムは、人間の根本的な心理に基づいていますから、お客さんだけでなく社内や家庭での人間関係にもいい影響を及ぼすでしょう。上司からは気に入られ、同僚からも感謝され、部下からは尊敬されること間違いなしです。

ボブ・バーグの『紹介の連鎖システム®』

 

それでは、合計5時間29分49秒に及ぶプログラムの内容・章立てについて紹介させていただきます。実際の音声は、プロによる日本語のナレーションですので、ストレスなく聴くことができます。そして、ただ聴き流しているだけでも、新たな発見がたくさんあり、とても楽しく学習できるものです。セクションごとにまとめてあり、全部で66個のレクチャーで構成されています。

PART1:結果は商談前に決まっている

Section1

紹介をもらい続ける人のマインド

 

Lecture1:あなたに自信を与える最高の手段11:19
Lecture2:仕事や紹介をもらえる人の3つの条件3:56
Lecture3:「誰を知っているか」だけでは足りない4:45
Lecture4:その数250人!知られざるあなたの”勢力圏”10:34
Lecture5:交流会でムダな時間を過ごす人たち4:09
Lecture6:名刺にはほとんど意味がない?5:36
Lecture7:人の集まる場で何をするべきか?3:58

 

Section2

 

初対面で人に好かれる質問のスキル

 

Lecture8:その場の「中心人物」と知り合う方法8:11
Lecture9:誰もあなたの仕事に興味はない?6:30
Lecture10:「会話が続かない」には理由がある4:47
Lecture11:「フィール・グッド・クエスチョン®」10選12:35
Lecture12:あなたの仕事人生を変える「キー・クエスチョン」6:14
Lecture13:質問を「FORM」に合わせて応用しよう3:49
Lecture14:次のステップに必要なもの4:21
Lecture15:確実に顔と名前を覚えてもらう方法2:18
Lecture16:ネットワーキングの集大成3:10
Lecture17:1度に全てをやろうとしてはいけない?2:51
Lecture18:交流会に参加する前にやっておくべきこと2:19
Lecture19:効果的なターゲットの絞り方2:31

 

Section3

 

信頼関係を深める最高のツール

 

Lecture20:オリジナルの礼状が持つ圧倒的なパワー18:11
Lecture21:相手といい関係を続けていく方法6:38
Lecture22:もう1つの強力なツール:メモ帳を使う10:38
Lecture23:仕事を紹介してもらうためのベストな方法7:04
Lecture24:パーティーで人気者になった秘密3:31
Lecture25:仕事を紹介してくれた人への正しいお礼の仕方2:05
Lecture26:インターネットを使った見込み客獲得5つのポイント6:04
Lecture27:インターネット上で人間関係を築く秘訣5:49
Lecture28:インターネットは万能薬にはならない3:02

 

 

PART2:どうやって紹介をお願いするか?

Section4

 

自然な流れで紹介をもらう秘訣

 

Lecture29:相手に「歩く広告塔」になってもらう方法2:29
Lecture30:特徴と利点の違いを説明できますか?4:49
Lecture31:「あなたが欲しい見込み客」の特徴を相手に伝える2:21
Lecture32:自然な流れで紹介をお願いできる「ブリッジ・フレーズ」3:33
Lecture33:紹介してもらえる数を倍増させる方法11:03
Lecture34: あなたがナンバー2の座をキープすべき理由3:17
Lecture35:学んだことを実践する人、しない人…6:35
Lecture36:競合と取引している人を「落とす」には?1:46

 

Section5

 

なぜ、与える人が与えられるのか?

 

Lecture37:「中心人物」としてのポジションを確立する3:44
Lecture38:もらった以上の価値を相手に与える方法7:25
Lecture39:ギブ・アンド・テイクの大いなる矛盾3:09
Lecture40:ネットワーキングのスーパースター8:04
Lecture41:見習うべきスーパースターの振る舞い5:36
Lecture42:今一度、「矛盾」を思い出そう3:45
Lecture43:与える人には、こんなことが起こる3:01

 

 

PART3:永遠に続く『紹介の連鎖』

Section6

 

あなたのネットワークを育てよう

 

Lecture44:利益を生み続けるネットワークのつくり方5:13
Lecture45:自分のグループを作る際の鉄の掟3:43
Lecture46:タイプ別:3つの紹介への違ったアプローチ3:49
Lecture47:グループの会合には手順がある2:40
Lecture48:相手の心に残る「コマーシャル」の作り方6:47
Lecture49:グループに新メンバーを加える時の注意点10:40
Lecture50:グループメンバーの職種リスト3:47
Lecture51:効果的にグループを運営する秘訣3:51

 

Section7

 

紹介が連鎖するための8つのルール

 

Lecture52:顧客を増やすカスタマーサービス8つのルール4:06
Lecture53:ルール①:誰もが営業マンである4:02
Lecture54:ルール②:ビジネスの中心は顧客である1:54
Lecture55:ルール③:顧客に「間違っている」と伝えてはいけない3:01
Lecture56:ルール④:約束を果たし、期待を上回る4:22
Lecture57:ルール⑤:「もうひと頑張り」に価値がある3:41
Lecture58:ルール⑥:受付は重要な営業スタッフ2:01
Lecture59:ルール⑦:折り返し電話をかける2:23
Lecture60:ルール⑧:何を言うかより、どのように言うか2:18
Lecture61:ネットワークを築いた後の注意点2:02

 

Section8

 

最高の成果を上げるために

 

Lecture62:ギブ・アンド・テイクの間違った使い方3:29
Lecture63:クロス・プロモーションを活用する4:33
Lecture64:大企業がCMに莫大なお金をかける理由1:51
Lecture65:あなたがネットワーキングをしない理由9:38
Lecture66:才能や教育よりも大切なこと2:26

 

 

ご覧いただけばわかりますが、1つの音声はほとんどが15分以内で短めにまとめています。通勤電車などの細切れの時間でも繰り返し学べる長さです。そして、弊社が提供するWEB上の学習システム「ダイレクト・アカデミー」を使うことによって、スマートフォンがあれば、あなたの都合のいい時間にいつでも学ぶことができます(※もちろんダウンロードしておけば、インターネットが繋がらない場所でも学べます)。

「紹介の連鎖システム®」を
あなたが使うべき7つの理由

止むことのない紹介の連鎖は、あなたの仕事や人生にどれほど大きな恩恵をもたらすのでしょうか。それを心の底から理解すれば、システムを使いこなすためのスキルを習得することだって、労力を惜しもうとは思わないはずです。あの「見込み客リストが尽きる」という恐怖の瞬間に出くわすこともなくなるのです。

 

それなのに、多くの営業マンがそうしないのは、紹介の魅力的過ぎるメリットを本当に理解していないことが一因です。 これは、あまりにもったいないことです。ですからここで、今一度、あなたが『紹介の連鎖システム®』によって得られる7つのメリットをおさらいしておきましょう。

 

理由1

アポイントメントが取り付けやすい

 

あなたに仕事(見込み客)を紹介してくれる人は、あなたのことを既に知っていて、気に入っていて、信頼しています(だからこそ、知り合いを紹介してくれるわけです)。そして、紹介元であるその人は、同じように、その見込み客ともお互いに信頼関係を築いています。つまり、見込み客の立場からすれば、信頼している第3者があなたを推薦しているわけですから、この三角関係によって、あなたは紹介元から信頼を“借りる”ことができるわけです。その結果、あなたは最初から見込み客に「信頼できる人間」として認識されることになります。そうであれば、当然こちらから連絡をした時、アポも取り付けやすいでしょう

 

 

理由2

必要以上に値引きをしなくていい

 

相手にとって値段が重要でないわけではありません。しかし、セールスの場では、値段よりも「信頼」が大きくものを言います。賢明なあなたはお気づきだと思いますが、見込み客の「値段が高い」という不満は、「自分が感じる商品・サービスの価値と、支払う金額が釣り合わない」という意味になります。そして、ほとんどの場合その言葉は、営業マンへの信頼レベルの不足・欠如から来ています。普通、信頼は時間をかけなければ築けませんが、あなたは紹介元から信頼を借りていますから、こうした不満も少ないでしょう。結果として、必要以上に値引きをすることもなく、利益も確保することができます(あなたの報酬が粗利で決まるのなら、これはものすごく大きなメリットのはずです)。

 

 

理由3

商談の成約率(受注率)が高い

 

これは、単純に先ほどの延長になります。あなたが借りている紹介元の信頼は、商品・サービスのプレゼンをしている間もずっと効果を発揮し続けます。世界70カ国に展開する生命保険や金融の権威ある国際団体MDRT(ミリオンダラーラウンドテーブル)の研究によれば「紹介経由でアプローチした見込み客は、通常の見込み客と比べて、成約率は2倍、最初の2年で落としてくれるお金も多く、付き合ってくれる期間も長いことが実証されている」と言います。見込み客を紹介してもらうことが、いかに営業において威力と価値があることかを示す、すばらしい証拠だと思いませんか?あなたは、こうした極めて有利な状況で営業活動を続けることができます。

 

 

理由4

見込み客が「別の見込み客」を紹介してくれる

 

紹介で得た見込み客は、あなたのことを“紹介をもらえるだけの価値を持った人間”であると認識しています。もっと言えば、見込み客は「自分も誰か紹介しないと…」と思ってくれるでしょう。つまり、知り合いを紹介するのをためらったり迷ったりすることがなくなります。一方で、あなたも経験があるかもしれませんが、紹介経由でないアポの場合、新たな顧客に紹介を求めても「抵抗」に会うことが多いです(たとえ無事に取引が成立しても…)。これは、過去に知り合いに紹介した営業マンが大不評だったなど理由は様々です。しかし、紹介経由であれば、あなたは「紹介しても大丈夫な人」ですから、こうした心配もありません。実は、これが紹介ベースで仕事をする最大のメリットかもしれません。

 

 

理由5

商品・サービスの良さが見込み客に伝わっている

 

マーケティング・コンサルタントのジョージ・シルヴァーマンは「商品やサービスの成約を阻む、唯一にして最大の要素は、ポジティブな口コミ(お客様の声)がないこと。」だと言っています。しかし、紹介経由であれば、紹介してくれた人が前もって、あなたやあなたの扱う商品を使って価値を証明しているため、見込み客にもその事実が伝わっています。また、英国のオークツリー・マネジメント社のスティーブ・クロウは「通常は半年〜1年かけて仕事の話に入るのが、紹介があれば3週間で可能になることを発見した」と言います。紹介経由であれば、あなたは信頼の面でもスピードの面でも、商談を有利に進めることができるのです。

 

 

理由6

 

紹介元はあなたに仕事を紹介し続ける

 

名著『影響力の武器』の著者、ロバート・チャルディーニ博士曰く、人は一貫性を持って行動しなくてはならないと思っています(一貫性の法則)。つまりは「前回の決断は正しかった」「自分は間違っていない」と自分を納得させ、安心したい生き物なのです。そして、他人からも一貫性があると思われたい願望を持っています。ですから、1度あなたに見込み客を紹介してくれた人は、この先もずっとあなたに見込み客を紹介してくれる可能性が高いのです。もっと言えば、紹介をさせてくれるあなたに感謝の念すら抱くようになるでしょう。あなたにとって、これほどありがたい話はないと思いませんか?

 

 

理由7

ムダな時間を使わなくてすむ

 

あなたがいつも新しい見込み客を探しているのなら、あなたは仕事の大半の時間を「売上に直結しない」行動に費やしていることになります。それは、ほとんどが門前払いの飛び込み営業や、電話帳を片手にひたすらTELをかけて電話口で怒鳴られるテレアポかもしれません。ようやく商談までこぎ着けても、それも見込み違いかもしれません。効率が悪い上に、心身ともに疲弊していくでしょう。事実、株式会社イノベーションが行った法人営業マン334人を対象にしたアンケートでは、全体の半数がこうした活動を苦痛に感じていました。しかし、紹介ベースの営業なら、見込み客はあなたを信頼し、あなたの商品を欲しいと思い、買うお金もある人たちです。さらに別の見込み客を紹介してもらえる可能性も高いです。彼らと仕事をすれば、ムダな時間は減り、収入は増え、楽しさも桁違いになるでしょう。

 

いかがでしょうか?こんなに魅力的な話…やらないなんてバカげていると思いませんか?

こちらがボーナス特典として付いてきます

Bonus Section

メディアを使ったポジショニング(54分)

 

Lecture1:自分を「業界のプロ」として位置付ける 10:13
Lecture2:間違ったメディアの使い方 5:47
Lecture3:メディアに記事を何度も載せてもらうには? 4:00
Lecture4:記事を掲載してもらうための10のポイント 9:12
Lecture5:簡単に記事を載せてもらえるメディア 5:16
Lecture6:意外と簡単?自分のメルマガを発行する 4:11
Lecture7:地元のラジオ番組にゲスト出演するには? 4:30
Lecture8:小冊子がもたらす3つのメリット 7:57
Lecture9:小冊子のもう1つの使い方 3:14

 

『紹介の連鎖システム』へお申込みいただければ、こちらがボーナス特典として付いてきます。こちらは、メディアを使ってあなた自身を、コンサルタントに相応しい「その道の専門家」に押し上げるための方法を解説しています。人間は、素人から高い買い物をしようとは思わないものです。このSectionで解説されている方法を使って、ぜひ「頼りになる先生」として自分をポジショニングしてみてください。きっと、相手があなたを見る眼が変わってくるでしょう。

 

 

こちらも購入特典として差し上げます

購入特典1

リック・ヒル氏との特別対談:「見込み客」はこうして獲得する

 

Track1:見込み客獲得の巨匠:リック・ヒル氏の話 2:44
Track2:4つのレントゲン・クエスチョン 5:57
Track3:リック・ヒル流:一歩進んだ利点表明 4:29
Track4:電話でアポイントメントを取り付ける 2:55
Track5:新たに出会った人を「紹介元」にする 6:41
Track6:範囲より頻度、顔馴染みのパワー 4:34
Track7:顧客を見つけ、維持する秘訣 7:07

 

そして今回、ボブ・バーグが「見込み客獲得」における師匠として尊敬する、リック・ヒル氏との特別対談の音声が出来上がりました。そこで、『紹介の連鎖システム』をご購入いただいた方に、もっとお役に立てるようにこちらを購入特典として追加でプレゼントさせていただきます。仕事で新たな人と出逢うには様々な方法がありますが、リック・ヒル氏の方法は必ずあなたの新規開拓の幅を広げてくれるでしょう。

 

 

今回、さらにもう1つ購入特典を追加いたしました

購入特典2

実父マイク・バーグ氏との特別対談:相手の心に響くコミュニケーション

 

Track1:もうの1人の師、父:マイクバーグとの対談 5:45
Track2:人は見かけどおり幸せだとは限らない 1:54
Track3:何も恐れない人は、勇敢ではない 4:56
Track4:正義を振りかざしても人は動かない 2:18
Track5:対立する3つのパーソナリティ 2:24
Track6:人に好かれる4つのコミュニケーション 1:56
Track7:破ってはいけないネットワーキングの規律 2:58
Track8:目標を達成するために必要な3つのこと 2:22

ご利用いただいているお客様の声

 

 

景気に左右されずに、仕事で紹介をもらい続け、毎月安心して売上・収入を上げ続けていくことは、あなたにとってどれほど価値があることでしょうか?

紹介の連鎖が起これば、有望な名前が大量に増え続ける「見込み客リスト」を手に入れることができます。これは、あなたにとって何を意味するのかおわかりでしょうか?勉強熱心なあなたは気付いているかもしれませんが、このリストに載った有望な名前の数々は、あなたのビジネスにおける「資産」です。資産というのは、ご存知のとおり、ビジネスにおいて必要不可欠なものです。

 

そして、もう1つ重要なことがあります。それは、あなたの営業マンとしての自信の大きさは、この資産、つまりは「見込み客リストに載っている有望な名前の数」に直接比例するということです。見込み客リストに有望な名前がなければ、商談で「要りません」「興味ありません」と言われる度に、あなたは焦り、パニックに陥るでしょう。「この契約を取れなければ、終わりだ…」とでも言うように。

 

しかし、有望な名前がたくさんあれば、たとえ目の前の相手に断られたとしても、丁重に会話を締めくくり、心に余裕を持って、次の訪問先に向かうことができます(受注の見込みのない人に、ムダな時間を使わないのも、営業マンにとっては大切なことだと思いませんか?)。そして、面白いもので、そうした自信のある態度を見た見込み客は、あなたの扱う商品に興味を持つものです。なぜなら、断られても自信が崩れないのは、商品によほど自信があるのだろう…と人は思うからです。結果として、契約が取れる可能性は上がります。そして、重要なのは、この自信は見込み客リストの名前の数によって決まり、あなたの性格や才能とは関係ないということです

 

さて、この増え続ける資産を手に入れることの価値は、いったいいくらでしょうか?5万円でしょうか?10万円でしょうか?きっと、そんな些細な額で収まるものではないでしょう。たとえば冒頭の話のように、収入が今までの5倍になるのであれば、100万円でも高くないはずです。ちょっと言葉は悪いですが、これは現実的な「金のなる木」を手に入れるようなものです。

 

『紹介の連鎖システム®』の価格は、39,800円(税別)です。正直に言って、この価格は安過ぎるのではないかと思っています。繰り返しますが、このシステムを使って手に入れた有望な見込み客リストという「資産」は、場合によってはあなたに、10倍以上の価値をもたらしてくれるでしょう。それも、1回じゃありません。これから先、ずっとです。仕事がデキる人ほど、しっかりと自己投資をしています。上手くいってる営業マンや会社の経営者は、本当に価値あるものに投資し、その何倍もの恩恵を受け取っています。だとしたら、この価格はあなたにとって高いでしょうか?ぜひ、賢明な選択をしてみてはいかがでしょうか。

安心の30日間品質保証

そして、これが金銭的リスクゼロで、このプログラムを試す方法です。プログラムを購入してから、もしあなたには合わず、満足していただけなかったら、弊社のお問い合わせフォームから、返金の旨を連絡してください。お申込みから30日間以内であれば、プログラムの代金を全額返金いたします。お問合わせから数日以内に、ご指定の口座へ全額返金させていただきます。

 

もちろん、返金させていただいた場合でも、ダウンロードした音声ファイル等は返品不要です。お役に立てなかったお詫びに、どうぞお受け取りください。お電話やFAXなどで質問に答える…といった面倒な手続きは不要です。以下のメールアドレス、あるいは弊社公式サイトのお問い合わせフォームから「返金希望」の旨をご連絡いただければ、それだけで返金を承ります。あなたを困らせるような質問をすることもありません。お詫びとともに、速やかに返金手続きをさせていただくことをお約束します。

 

【寿コミュニケーションズ株式会社 カスタマーサポート】
1:メールでの連絡:support■■kotobuki-communications.com(■■を@に置き換えてください)
2:公式サイトのお問い合わせフォーム(https://kotobuki-communications.com/contact/)

 

※メールはまれに届かない場合があります。3営業日以内に返信がない場合は、公式サイトのお問い合わせフォームをご利用ください。

 

 

今日あなたが受け取れるものをまとめておきます

サービスの項目
特別なご提案
ボブ・バーグの『紹介の連鎖システム』
39,800円
ボーナス特典『メディアを使ったポジショニング』
無料
特別対談1:リック・ヒル氏『見込み客はこうして獲得する』
無料
特別対談2:マイク・バーグ氏『相手の心に響くコミュニケーション』
無料
合計金額
39,800円(税別)

ボブ・バーグ氏の言葉

「このシステムを、実践的かつ論理的にできたとき、言い換えるなら、一定のロードマップやシステムに従って行動できた時、あなたの元には、プライベートでも仕事でも、差し出したものの10倍の見返りがやってくる。」

- ボブ・バーグ

 

これは、非現実的な話ではありません。米国で20年以上も効果が実証され続けてきたシステムについての話です。

 

そして、1度に全部を実践する必要はありません。正直な話をすれば、システムの最後の方、少し難易度が高いものもあります。しかし、システムの内容をステップ・バイ・ステップで実践する度に、あなたは日々の仕事で確実な変化を実感することになるでしょう。難しく考えずに、プログラムで学んだ内容を、1つずつ楽しみながら実行すればいいのです。

 

 

さて、1年前に戻ってみましょう。あなたはこれから先も、景気や市場の動向もに左右され、結果が予測できない飛び込み営業や電話営業を続けますか?それとも、紹介元、見込み客、そしてあなたも含めて全員が嬉しい「紹介の連鎖」を起こし、毎月安心して仕事に取り組み、今よりもっと経済的にも時間的にも充実した人生を送りますか?

 

1年後のあなたは、どちらでしょうか?

 

実際、あなたがどんなに努力家であろうと、その他大勢と同じ程度の情報しか得ていないなら、ビジネスの成果もその他大勢とあまり変わらないでしょう。保険営業の世界のトップ達でさえ唸ったこのシステムを試して、ぜひあなたの営業人生をこれまでと全く違うものに変えてみてください。

 

もし、あなたにその覚悟があるのなら、『紹介の連鎖システム®』はあなたにとって最高の手段であり、ガイド役になることをお約束いたします。30日間は返金保証がついていますので、ぜひ安心して最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

お申し込みは、簡単です。

それでは、準備ができましたら、以下のボタンをクリックして、必要事項をご記入の上でお申込みください。決済完了後、申込内容の詳細が記載されたメールが配信されます。そのメールで、プログラムを受講するための会員サイト(ダイレクト・アカデミー)のURLと、ログイン方法をお伝えいたします。

 

 

注)お申込みはクレジットカード決済のみとなります

 

PS:

繰り返しますが、こちらのページは、先ほどWebセミナーにお申込みいただいたあなたへの特別な案内ページです。成果を上げる人の共通点に「決断が速い」というものがあります。あなたがスタートするのが早ければ、それだけ望む結果を手に入れるまでの時間も早くなるでしょう。

講師 プロフィール

ボブ・バーグ

・バーグ・コミュニケーションズ社 社長

・経営コンサルタント・講演家(元トップセールスマン)

 

アメリカでは伝説的な元トップセールスマンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出される。

 

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家へも助言を行う。主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。

 

注)お申込みはクレジットカード決済のみとなります