トロント大学の心理学者であるジャネット・ポリヴィとC・ピーター・ハーマンは、私たち人間の行動心理について面白い研究結果を発表しています。何かというと、私たちが「変わろう」と決意するのは、落ち込んでいる時が最も多いということです。たとえば、毎朝5時に起きようと決めたのに3日も続かなかった時。月初に決めたことができておらず、売上目標に全く届かなかった時。家でゴロゴロしてスマホをいじっているだけで1日が終わってしまった時など…要は自分の行動を後悔した時です。

 

こうした時、私たちは罪悪感や不安、ストレスで押し潰されそうになります。ところが、一瞬で気分を晴れやかにする魔法があります。それは「自分は変わるんだ」と決意することです。

 

 

高まる期待、膨らむ希望、夢のような未来…

変わろうと決意すれば、私たちはたちまちホッとした気分になり、自制心を取り戻すことができます。自分はダメな人間だ…なんて思うのはよそう。だって私は、これまでとは全く違う自分になるんだから、というわけです。そして心は希望に満たされます。まだ何一つ成し遂げていなくてもいい気分になれるのです。研究によれば、人はダイエットを始めようと決意しただけで元気が出たり、トレーニングの計画を立てただけで気分が高揚したりするほどです。

 

「新しい自分」になったら人生がどんなに変わるだろう、と期待に胸を膨らませます。そして、未来の自分の姿をあれこれと想像します。自分に対する周囲の評価もきっと変わるだろう、とワクワクしてくるでしょう。これで全てが上手くいくのです。それに、こうした決意の後は気持ちが大きくなってやたらと大きな目標を立てたくなります。それもそのはずです。目標が大きければ大きいほど、期待も希望も大きくなるのに、ちっぽけな目標を立てる理由がありません。「そうだ、夢を持とう。思考は現実化するんだ」と。しかし…

 

 

多くの人が患う「偽りの希望症候群」とは?

残念ながら、こうした変化を期待しても、現実には思ったような成果は得られません。非現実的な妄想のおかげで一時的には気分がよくなりますが、しばらくすれば余計に落ち込んでしまいます。実際に行動を始めたら「こんなはずじゃなかったのに…」と思い知るでしょう。最初は大した変化も感じられず、目標が遠すぎて途方にくれることもあるかもしれません。

 

そして、挫折しそうになると「変わろう」と決意した時に感じた興奮はすっかり冷めてしまい、自分への失望と不満でいっぱいになります。期待通りにいかなかったことで、またもや罪悪感や憂鬱さに襲われ、変わるんだと誓った時の高揚感はすっかり消え去っています。

 

この時点で、多くの人は努力するのを止めてしまいます。しかし、再び気分が落ち込み、途方にくれて、ワラにもすがりたい気持ちになると…また決意するのです。同じことの繰り返しです。先のポリヴィとハーマンは、この状態に「偽りの希望症候群」という病名を付けています。

 

 

「決意」なんて何の役にも立たない

決意というのは言葉としては美しいですが、残念ながら自分を変える手段としては全く役に立ちません。繰り返しますが、最もラクで気分がいいのは「変わろう」と決意する時です。その後は、実際に自分を高めるための行動を起こさなければいけません。そこで必要とされるのは、自分を気持ちよくさせる決意や精神論ではありません。

 

事実、世界的に有名な経営コンサルタントである大前研一氏も「人間が変わる方法として最も無意味なのは、決意を新たにすることだ」と言っています(手厳しいですが、これが現実でしょう…)。ただ、これは逆に言えば、私たちは「決意しても変われなかった自分」を責める必要はないということです。どんなに能力が高い人であっても、偉大な事業を大成功に導いた人物でさえも、決意するだけでは上手くいかないのですから。

 

 

偉人でさえ決意では変われなかった…

決意することが、いかに無謀なことか…1つ例を紹介しましょう。あなたはベンジャミン・フランクリンをご存知でしょうか?「アメリカ独立宣言」の立役者である偉大な政治家であるだけでなく、米国発の公立図書館や現ペンシルベニア大学の創立者でもあります。しかも、発明家として遠近両用眼鏡やグラスハーモニカなど数々の発明をしただけでなく、雷が電気でできていることを証明した優秀な科学者でもあるのです。まさに様々な分野で大成功を収め、今日の米国を創った偉人の1人と言えるでしょう。

 

そんな素晴らしい才能と偉大な功績で知られるフランクリン博士でさえ、実は若い頃に「変わろう」と決意しては失敗する…ということを何度も繰り返していたのです。そう考えると、普通に考えれば、私たちが決意するだけでは上手くいかないのは当然のことでしょう(あなたがフランクリン博士よりも優れた才能の持ち主なら話は別ですが…)。

 

つまり彼は、生まれ持った欠点や悪い癖を克服し、自分を変えるための「良い習慣」を身に付けるためには、単に決意するだけではダメだということを身をもって経験していたのです。しかし、話はここで終わりません。私たちが注目すべきは、その後のフランクリン博士の行動です。そう、彼が大成功を収めたのには明確な理由があります…

 

 

人が変わるために必要なものは何か?

きっとあなたも、良い習慣が人生を変えることについては疑いないでしょう。イギリスの詩人ジョイ・ドライデンのはじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる」という名言は有名ですし、名著『7つの習慣』の著者であるスティーブン・コヴィー博士をはじめ、多くの偉人が習慣の大切さを謳っています。

 

ところが、多くの人はこの「習慣」を身に付けるのが苦手です。良い習慣を身につければ人生が変わると頭では分かっているのに、決めたことを継続できないのです。繰り返しますが、フランクリン博士もまた、決意しただけでは上手くいきませんでした。

 

ただ、思い出してください。彼は賢い人間であり発明家でもありました。そのため、数々の失敗の末に、生まれ持った欠点や悪い癖を克服し、良い習慣を身に付けるための「システム」を考案することができたのです。そして、自らそれを実践し、改良を繰り返すことで人生を大きく変えていきました。結果として、先のように「アメリカ建国の父」とまで言われるほどの偉業を成し遂げたのです。

 

 

「システム」が習慣化を可能にする

ここで、「システム」という言葉について少し補足しておきます。ある辞書によれば、システムとは「規則的で筋道だった方法を使い、思いどおりの結果を手に入れるためのプロセス」と定義されています。これは言い換えると、その手順に従うだけで予測できる最大限の効果を発揮できるものだということです。ですから、何をすればいいか迷う時間がなくなり、最短距離を進むことができます。

 

健康と福祉におけるリーディングカンパーであるイギリスのベネンデン・ヘルス社が、成人男女を対象にして行った研究結果によれば「人は平均して1日2時間悩むことで時間を浪費している」そうです。しかし、システムが毎日あなたにやるべきことを教えてくれたら、この無駄な時間は激減するでしょう。

 

しかも、優れたシステムは効果が実証されています。自分を変える手段として、これほど画期的なものはないでしょう。事実、過去40年間に渡り、世界中で7万社以上の中小企業を指導してきた敏腕コンサルタントのマイケル・ガーバー氏は、システムについて次のように言っています。

 

「システムがあれば、並の人間でも、並外れた成果を思い通りに達成できるようになる。逆にシステムがなければ、並外れた人間が、並の目標を思い通りに達成することさえ難しい。」

 

誤解しないでほしいのですが、あなたが並の人間だと言っているわけではありません。ここで言いたいのは、もしあなたの能力がたまたま普通であったとしても、システムの助けがあれば、誰もが驚くような変化を成し遂げられるということです。ビジネス、ダイエット、ゴルフのスコアアップ、そして習慣化…目的がなんであれ、物事を成功させるカギは、その分野において効果が実証された「システム」を活用することです。

 

さて、ありがたいことに私たちは、自分でシステムを作る必要はありません。なぜなら、効果実証済みのシステムというのは、誰が使っても同じような成果が得られるからです。それが見つかりさえすれば、あとはあなた自身の状況に合わせて使えばいいだけです。

 

 

発表!ボブ・バーグの『習慣化マスターシステム』

そして、それこそが今日あなたにボブ・バーグの『習慣化マスターシステム』について案内している理由です。米国で経営コンサルタントとして名高いボブ・バーグは、このフランクリン博士のシステムをずっと研究し続けてきました。また、ユダヤ人のメンター(ゼリグ・プリスキン博士)から教わった方法論によってこのシステムを補強し、自らの実践経験を踏まえて推敲した上で、現代に生きる私たちにも実践しやすいように体系化したのです。つまり、この優れたシステムを使うにあたって、面倒な作業は全て終わっているのです

 

具体的には「フランクリンの十三徳」と呼ばれる方法論の枠組みをベースとして、実践の中で13の習慣がお互いに相乗効果を発揮するように設計されています。これまで何度も「変わろう」と思っては上手くいかなかった人にとっては、まさに「良い習慣」によって着実に自分を高めていけるものでしょう。

 

今回、このシステムの全体像を理解した上で、1つ1つの習慣を順番にマスターしながら自己改善を可能にするプログラムが「日本語版」として完成いたしました。今回もまた、繰り返し学びやすいように、音声をメインとしたプログラムとなっております。パソコンでのダウンロードはもちろん、スマートフォンやiPhoneアプリ(Direct Academy)にも対応しています。

 

これは「読みながら聴く」という目と耳で同時に学習を進めことができる効果的なプログラムとなっております(※音声は2倍速での再生もできますのでスピードUPも可能です)。プログラムは全部で3つのパートに分かれており、合計20個のレクチャーで構成されています。ここで、合計3時間33分のプログラムの内容を少しだけ紹介すると…

  • 自己改善におけるシステムの効能。これを理解した上でシステムを使えば、あなたは自尊心が高まり、家庭や職場での人間関係がよくなり、お金の面でもよい影響を及ぼすでしょう…
  • ついついやってしまう悪い癖がある?だったら、このシステムを使って「1つ目の習慣」だけでいいので意識して実践してみてください。気がつけば、その悪い癖が出る回数が減っているのを実感できるはずです…
  • 習慣とお金の共通点とは?お金も習慣も、使い方次第であなたを良い方向に導いてくれたり、悪い方向に引きずり込んでしまったりするものです。これは「使い方」を学ぶことで、自分を良い方向に導くことができるようになります。自信が湧いて、収入も増えるための秘密とは…
  • なぜ、習慣を身に付けるのに「13」という数字が大切なのでしょうか?これには、ベンジャミン・フランクリンが論理的に導き出した数字で、あなたの継続力を高めてくれる理由があります。あなたは素直に従うだけで、続けられなかった自分から卒業できるでしょう…
  • 実践のハードルを下げ、先延ばし癖をなくすためのちょっとしたコツとは?これをやるのに、特別なツールは必要ありません。文房具屋で1,000円もあれば揃えられる物が、あなたの習慣化を成功に導いてくれます…
  • 「ワークライフバランス」を気にしてはいけない?これは、プライベートを蔑ろにするということではありません。しかし、ボブ・バーグと親しくしている実業家たちは皆、仕事もプライベートも上手くいっています。その理由は、とてもシンプルなものです…
  • すぐにでも実践してみたい?ちょっとだけ待ってください。最も効果的にシステムを使うため、最初の2〜3日だけ準備に使いましょう。この時間を取ることで、習慣化のハードルがグンと下がります。1ヶ月後、あなたはその違いに驚くでしょう…
  • 感謝するのが苦手?だったら、3分でできる簡単なワークをやってみてください。本当の感謝とは、ある条件が満たされれば自然とできるようになるものです。薄っぺらな理解ではなく、本当の感謝はあなたに素晴らしい人間関係をもたらしてくれます…
  • 自分がどう生きたいのかわからない?だったら、信念を生み出す唯一の要素が何かを知ってください。信念がなければ、どんな仕事をしても心が豊かになることはありません。しかし、信念を生み出すことは難しいことではありません…
  • ボブ・バーグが選ぶ「全ての習慣の基盤」となる習慣とは?
  • あなたの人生を台無しにする、絶対にやってはいけない悪習慣とは?現にボブ・バーグは、この癖を改めることで人生が劇的に変わりました。以前よりも幸せを感じられるようになりましたし、1人のリーダーとして多くの人に影響を与えられるようになったのです。次はあなたの番です…
  • イラッとした時、腹立たしいと感じた時にこそ人間性を高める3つのポイント。多くの人は怒りをコントロールしていませんし、できるとも思っていません。しかし、この3つのポイントを知るだけで、あなたが感情的になって怒る機会は激減するでしょう…
  • キリスト教、イスラム教、仏教、バラモン教…様々な宗教において、本質的に同じことを言っているポイントとは?特定の宗教を信仰する必要はありませんが、私たちが生きる上で1つだけ抑えておきたいこと。それは…
  • 夫婦の仲が悪くなる、ありがちな原因とその解決法。なぜ妻にプレゼントを買ってあげる夫が、妻と上手くいかないのでしょうか?この理由を知れば、あなたは夫婦はもちろん、同僚や友人との関係も今よりずっといいものになります…
  • ボブ・バーグが若い頃にやっていた「間違った与え方」とは?今では笑い話ですが、現在も多くの人がこの間違いを犯し続けています。GIVERとして人やお金に恵まれた人生を送るには、与え方のポイントを知っておく必要があります…
  • 上司やリーダーに会議に出席してもらいたい?だったら、この人を巻き込むための「伝え方」の習慣を身につけましょう。ちょっとしたリサーチをすれば、人を巻き込んで仕事をするのは難しくありません。これができれば、あなたはたくさんの協力者を味方につけることができます…
  • 思いやりのない子供を育ててしまう親の共通点とは?ボブ・バーグの父、マイク・バーグが素晴らしい家族に恵まれたシンプルな理由を知れば、あなたもお子さんにいい影響を与えられるようになります…
  • あなたのやる気を削ぎ、絶好のチャンスを奪ってしまう唯一の悪習慣とは?
  • 習慣化において、新しいことを取り入れてはいけない本当の理由。これを知らなければ、あなたは不要なタスクに埋もれて何も成し遂げられない人間になってしまうでしょう…
  • 「目標を達成するタイプ」の人間になるために必要なことは何でしょうか?それは、情熱ではありません。付き合う人でもありません。それは…
  • 幸せはお金では買えない?いいえ、そんなことはありません。そういうことを言っている人たちほど幸せではない現状に目を向けてください。お金はパワーです。お金について、必要なことを勉強しておけば、あなたは今までよりも裕福になり、より多くの幸せを感じることができます…
  • 伝えにくいことを相手に伝える前、必ずした方がいい自分への問いかけとは?これを習慣にすることで、相手との信頼関係が強固なものになります。もちろん、その人から広がる人とのつながりもあなたの人生に多大な影響を及ぼすでしょう…
  • 弱みではなく強みを伸ばせ?確かにそれもいいでしょう。しかし、中には放置しておけば人生を台無しにしてしまう弱み(欠点)もあります。そしてそれは、多くがこの13の習慣によって克服できるものです。あなたは重大な欠点を放置し続けますか?それとも…
  • フランクリン博士が「人生における至高の喜び」としたものは何か?これは、現代における自己啓発とはほとんど真逆のことです。ですから、ネット上の記事ではほとんど見かけることはありません。しかし、今の時代にこそ必要なものです…
  • あなたの人生を豊かにする19の問いかけ。これは時間によって使い分けることが大切です。朝にするべき10の問いかけと、夜眠る前にするべき9の問いかけ…この繰り返しによってあなたは確実に変わっていきます…
  •  

    そして、1つ1つのレクチャーとなる音声は、ほとんどが15分以内で短めにまとめられています。通勤電車などの細切れの時間でも繰り返し学べる長さです。そして、夜眠る前に5分だけでいいので時間を取って、今日の評価をノートに記録してください。あなたがやるべきことは多くありません。システムに従うことで、最小限の努力で良い習慣を身に付けることができるのです。

ご利用いただいているお客様の声

実際に自分が「変わる」ことの価値…

思い出してみてください。これまで「変わろう」と決意する度に失敗し、自分に失望して自己嫌悪の念に苛まれたことを。変わろうと決意するだけで、結局は上手くいかず、再び気分が落ち込み、途方にくれて、ワラにもすがりたい気持ちになって…また決意する。しかし、このやり方の先に待っているのは、同じ失敗の繰り返しです。それどころか、さらなる自己嫌悪の波が押し寄せてきます。誰が言ったか定かではありませんが、「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを精神異常という」という言葉があります。これまでと同じ方法、あるいはその延長線上に位置する方法を取っても、それが効果を発揮するかどうかは疑わしいものです。しかし、あなたはそうではありませんよね。

 

先のフランクリン博士やマイケル・ガーバー氏、そしてボブ・バーグが言うように「システム」の活用は、あなたを半強制的に変えてくれますし、巷でよくあるノウハウとは違うものです。順番通りに1つずつ取り組むことで、それぞれの行動が相乗効果を発揮し、あなた自身の大きな変化を可能にしてくれます。まさに「新しい自分」に生まれ変わることができるものです。さて、それによって手に入るあなたの「新たな人生」の価値はいったいいくらでしょうか?5万円でしょうか?10万円でしょうか?きっと、そんな些細な額で収まるものではないでしょう。自分を律し、人から尊敬され、裕福な人生を送れるのであれば…それは100万円でも高くないはずですし、お金で測れるものではありません。しかも、一時的な話ではなく、これから先ずっと効果を発揮し続けるものです。

 

『習慣化マスターシステム』の価格は、29,800円(税別)です。この価格が高いと思うのであれば、申し訳ありませんが別の方法に取り組んでください。というのも、そう感じる人は、このシステムを購入したとしても、行動に移さずに終わってしまう可能性が高いからです。残念ながら、そもそも「変わりたい」という明確な意志がなければ、どんな優れたシステムも宝の持ち腐れになりますし、それは私たちが望んでいることではありません。

 

 

ですから、ぜひこの機会をお見逃しなきようお願いいたします。人生が上手くいく人、幸せな人生を送る人ほど、しっかりと自己投資をしています。上手くいってる起業家や会社の経営者は、本当に価値あるものに投資し、その何倍もの恩恵を受け取っています。だとしたら、この価格はあなたにとって高いでしょうか?ぜひ、賢明な選択をしてみてください。

さらに購入特典でこちらをプレゼント

 

これは、弊社で実際に定価12,800円(税別)で販売しているビデオ講座です。ボブ・バーグがよく言っていることですが、『GIVER』であることは決して生まれつきではありません。これはあなたの行動次第でなれるものです。そして、この講座の目的は、GIVERになるために必要な法則と、その実践的な使い方をあなたにお届けするものです。これを学ぶことで、あなたはもう「与えるのが大事だのは分かるけど…」と言動不一致の状況にストレスを感じることもなくなります。むしろ、相手から感謝されることで、日々気持ちよく仕事に取り組めるようになるでしょう。

 

もし、あなたが『GIVER』として生きたいと思っているのなら、自分に嘘をつくことなく、人に与えることで幸せな人生を贈りたいと思っているのなら、このビデオ講座でその秘訣を学ぶことは、とても価値ある経験となるでしょう。この講座の元になっている講演は、ボブ・バーグ氏が米国で主催するGGSA(Go-Giver Sales Academy)でメンバー向けに行われたものです。全部で3つのパートから構成されていますが、その2つ目のパートで今回の『習慣化マスターシステム』の概要を解説してくれています。まずはこちらを見ると、ボブ・バーグ氏の人間性が分かって取組みやすくなると思いますので、このビデオ講座を購入特典として無料でプレゼントさせていただくことにしました。ぜひ、こちらも合わせて活用してみてください。

安心の30日間品質保証

そして、これが金銭的リスクゼロで、このプログラムを試す方法です。プログラムを購入してから、もしあなたには合わず、満足していただけなかったら、弊社のお問い合わせフォームから、返金の旨を連絡してください。お申込みから30日間以内であれば、プログラムの代金を全額返金いたします。お問合わせから数日以内に、ご指定の口座へ全額返金させていただきます。

 

もちろん、返金させていただいた場合でも、ダウンロードした音声ファイル等は返品不要です。お役に立てなかったお詫びに、どうぞお受け取りください。お電話やFAXなどで質問に答える…といった面倒な手続きは不要です。以下のメールアドレス、あるいは弊社公式サイトのお問い合わせフォームから「返金希望」の旨をご連絡いただければ、それだけで返金を承ります。あなたを困らせるような質問をすることもありません。お詫びとともに、速やかに返金手続きをさせていただくことをお約束します。

 

【寿コミュニケーションズ株式会社 カスタマーサポート】
1:メールでの連絡:support■■kotobuki-communications.com(■■を@に置き換えてください)
2:公式サイトのお問い合わせフォーム(https://kotobuki-communications.com/contact/)

 

※メールはまれに届かない場合があります。3営業日以内に返信がない場合は、公式サイトのお問い合わせフォームをご利用ください。

 

 

今日あなたが受け取れるものをまとめておきます

サービスの項目
通常価格
特別なご提案
ボブ・バーグの『習慣化マスターシステム』
29,800円
29,800円
ビデオ講座『成功の再定義』〜GIVERになるための5つの法則〜
12,800円
無料
合計金額
42,600円
29,800円(税別)

「今はまだ時期じゃない」という幻想

「人は、今日よりも後日の方が自由な時間があるはずだ…という間違った予想をする」

- ロビン・タナー & カート・カールソン 

 

マーケティング学の教授である、ウィスコンシン大学マディソン校のロビン・タナー、デューク大学のカート・カールソンらの研究によれば、私たち人間は物事を先延ばしする時に「あとになれば簡単にできる」という間違った予想をすることがわかっています。

 

つまり、私たちは先のことを考える時「きっと今と同じように忙しいだろう」とは思いません。そして、今は忙しくで出来ないことが「あとになればきっと時間も余力もあって簡単にできるはず」だと思ってしまうのです。しかし、お察しの通り、後になれば時間に余裕ができるというのは幻想です(少なくとも、今と同じ生活を続けていれば…)。

 

だとしたら、あなたはいつ始めますか?

 

実際、あなたがどんなに努力家であろうと、その他大勢と同じ方法を使っていれば、仕事もプライベートもその他大勢と同じような状況になるのは当然のことでしょう。しかし、あなたには今、もっと賢い選択肢があります。今日から偉人ベンジャミン・フランクリンが考案し、ボブ・バーグが強化して改良したこのシステムを使って、これから先の生き方を変えてみませんか?

 

このシステムを、自分でゼロから作ろうと思ったら…膨大な時間と途方もない努力が必要となるでしょう。そもそも、既にあるものをまたゼロから大変な苦労をしてつくるなんて、とてもバカバカしいと思いませんか?ありがたいことに、その面倒な作業は既にボブ・バーグが終わらせてくれています。あなたは、このシステムに従って1つ1つ楽しみながらやればいいだけです。

 

もし、あなたにその覚悟があるのなら、『習慣化マスターシステム』はあなたにとって最高の手段であり、ガイド役になることをお約束いたします。30日間は返金保証がついていますので、ぜひ安心して最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

お申し込みは、簡単です。

それでは、準備ができましたら、以下のボタンをクリックして、必要事項をご記入の上でお申込みください。決済完了後、申込内容の詳細が記載されたメールが配信されます。そのメールで、プログラムを受講するための会員サイト(ダイレクト・アカデミー)のURLと、ログイン方法をお伝えいたします。

 

 

 

注)お申込みはクレジットカード決済のみとなります

 

PS:

繰り返しますが、こちらのページは期間限定の特別な案内ページです。期限を過ぎますとアクセスできなくなります。成果を上げる人の共通点に「決断が速い」というものがあります。あなたがスタートするのが早ければ、それだけ望む結果を手に入れるまでの時間も早くなるでしょう。

講師 プロフィール

ボブ・バーグ

・バーグ・コミュニケーションズ社 社長

・経営コンサルタント・講演家(元トップセールスマン)

 

アメリカでは伝説的な元トップセールスマンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出される。

 

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家へも助言を行う。主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。

注)お申込みはクレジットカード決済のみとなります